人気車種(国産車) 人気車種の紹介

車好きでなくとも、いま、どんな車種に人気があるのか気になるだろうと思います。通勤や行楽に車が必要ならば購入しなければなりませんし、どうせお金を出すのなら、人気のある車種が欲しいはずです。そこで、人気のある車種について語らせてもらおうと思います。

ホーム > カテゴリー - 人気車種(国産車)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラウン

クラウン―いわずと知れた日本を代表する高級車です。
長い間支持され、特に年配の人に根強い人気があるクラウンですが、そんなクラウンのステータスとしての側面を語ってみようと思います。

クラウンは、日本が世界に誇る自動車メーカー「トヨタ」を代表する高級車です。
その高い性能から、クラウンへの信頼は厚く、ハイヤーやパトロールカーなどに使われることも多いですが、一般的なイメージとしては憧れの高級車の方でしょう。
他にもトヨタからは、レクサスやセンチュリーなどの高級車が出されていますが、特定の世代にとって、クラウンは成功の象徴となっています。
いまの若い世代にとっては、クラウンのすごさ、そのステータスは、あまり理解できないことかもしれません。
しかし、特定の世代にとって、クラウンとは、ベンツやBMWに匹敵する高級車であり、「社長」が乗る車でもあるのです。
むかし、「いつかはクラウン」というキャッチフレーズがCMで使われていましたが、当時、仕事で現役真っ最中だった人たちは、頭の中に強烈にインプットされたのかもしれません。
一度クラウンに乗ると、その多くは、次に車を買い替える時にもクラウンにする、いわゆる「いつもクラウン」になるのだそうです。

現在、中古車のクラウンはとても安くなっているので、免許を取ったばかりの若い人がクラウンに乗ることも珍しくないようです―これは「いきなりクラウン」といわれています(笑)。
実は、中古のクラウンを改造して、マナーを守らずに乗り回す若者が多くなったため、若い人にとって、クラウンのイメージはあまりよろしくないみたいです。
ただ、年配者層には相変わらず人気が高く、クラウンの運転のしやすさや安全性が高く評価されています。
最近、クラウンから若い人向けのモデルが登場し、また、昨今人気が高いハイブリッドモデルも登場しました。
新しいクラウンも、乗り心地の良さと静粛性、安全に快適に目的地まで移動したいというニーズに十分に応えてくれます。



「クラウン(CROWN)」
トヨタ自動車が1955年より製造・販売する乗用車。
日本を代表する車種の一つである。
名前は「王冠」の意味であり、初代から現行型までフロントグリルのエンブレムにも使用されている。
日本国内市場に重点を置いた車両であり、公用車や多くの企業に社用車として用いられる。
トヨタ自動車を代表する車種の一つである。
同クラスの輸入車には、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6がある。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


FC2 Management
[ 2009/09/20 14:52 ] 人気車種(国産車) | トラックバック(-) | コメント(-)

プリウス

プリウスはハイブリッドカーの代名詞的存在の名車です。
昨今のエコブームで、その人気と存在感はより大きなものになりました。
燃費だけでなく静粛性にも優れたプリウスについて語ってみようと思います。

プリウスはトヨタが開発した世界初の量産ハイブリッドカーで、もちろん現在も販売されていますす。
トヨタの最新技術が詰め込まれたハイブリッドカー―それがプリウスです。
プリウス独特の未来をイメージさせるそのデザインは、空気抵抗を少なくして燃費を向上させる効果も兼ねています。
これまでのプリウスの燃費はもちろん良かったのですが、車体価格が高額だったために、一般のガソリン車と比較した場合に、その燃費の良さで元を取るまでにはかなり走る必要がありました―しかし、2009年、205万円台から購入できる最新モデルが登場しました。
販売価格が下げられた上に、従来のプリウスよりも装備が充実しており、また、環境政策の一環としてのエコカー減税や新車購入補助制度などの影響も加わり、新型プリウスの人気は急上昇しています―納車まで半年近く待たなければならない状況です。
新型プリウスは、ほとんど利益が出ないくらいにまで販売価格が引き下げられているので、車体価格の値下げはほとんど期待できないようです(ましてやこの人気ですから、なおさらでしょう)。
プリウスの長所であるにもかかわらず短所にもなり得るのが、その静粛性です―低速で走行する場合、エンジン音がほとんどしないため、歩行者に気づかれにくいという危険性があります。

プリウスは、アメリカの他にも、イギリスなどのヨーロッパ諸国を中心に世界44ヶ国で販売されており、特に、エコロジーの意識が強いセレブたちに人気が高いそうです。
ちなみに、プリウスは2004年度の北米カー・オブ・ザ・イヤーや2006年度のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーなど、海外の様々な賞を受賞しています。

現在、プリウスの他にもハイブリッドカーが販売されており、また、ハイブリッドカーでなくても低燃費の車はたくさん販売されていますが、「やっぱりトヨタのプリウス!」というマニアも多いそうです。



「プリウス(Prius)」
トヨタ自動車が1997年に製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車である。
第31回東京モーターショーにて参考出品車として展示。
その後、世界で初めてとなる「量産ハイブリッド自動車」として登場。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


[ 2009/09/26 14:17 ] 人気車種(国産車) | トラックバック(-) | コメント(-)

インサイト

インサイト―現在、プリウスの一番のライバルとなっている量産ハイブリッドカーです。
このインサイトに対抗するために、新型プリウスの販売価格が大幅に下げられたそうです。
今回は、インサイトの人気の理由について語ってみようと思います。

インサイトは、ホンダの量産ハイブリッドカーで、1999年に発売されました。
トヨタのプリウスに販売数や人気で及ばず、2006年に生産が中止されましたが、2009年、コンセプトを大きく変えて再び登場、大人気になりました。

インサイトの一番の魅力は、その安価な車体価格でしょう。
プリウスと比べると、いろいろな点で不満に感じることが多いようですが、車体価格が安いので、元を取るのに必要な走行距離はプリウスよりもかなり短くて済みます。

他に、エコアシストが全車標準装備となっているのも、インサイトの人気の理由の一つです。
このエコアシストには、

・メーターの背景色などでエコドライブ度を確認できるコーチング機能
・スイッチを押すだけで燃費優先の運転に切り替えられるECONモード
・運転後にエコ度を採点してくれるティーチング機能

といった機能があり、これによりゲーム感覚で燃費向上を楽しめます。
さらに、「インターナビ・プレミアムクラブ」の会員になって最高燃費ランキングに登録すれば、毎日、全国のインサイトユーザーを相手に、その日の低燃費運転を競うことができます。

ただ、走りを満喫したい人や車は単なる移動手段ではなくそれ以上の何かを求める人には、やはりインサイトよりもプリウスの方が人気があります。
しかし、車を初めて購入する場合や軽自動車から乗り替えるといった場合には、プリウスよりもコンパクトな5人乗りのインサイトの方が好まれるかもしれません。
ちなみに、インサイトは、2009年4月度の登録車販売台数で1位を獲得しています。



「インサイト (INSIGHT)」
は本田技研工業が生産・販売しているハイブリッド自動車。
2006年7月で一度生産・販売を終了していたが、2009年2月にコンセプトを変更の上、新型ハイブリッド戦略車として約2年7ヶ月ぶりに復活した。
車名は英語で「洞察力・見抜く力」を意味する「insight」に由来する。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


[ 2009/10/03 15:08 ] 人気車種(国産車) | トラックバック(-) | コメント(-)

レガシィ ツーリングワゴン

レガシィツーリングワゴン―一時期、物凄い人気を誇り、運転中によく見かけたものです。
その頃に比べると、だいぶん落ち着いてきましたが、それでもレガシィツーリングワゴンには根強い人気があります。
今回は、レガシィツーリングワゴンの人気の理由について語ってみます。

レガシィツーリングワゴンは、1989年に販売開始されて以来、ずっと人気の高いステーションワゴンです。
スバルの代表的な車であるレガシィツーリングワゴンは、日本だけでなく、海外でも人気があります。
レガシィツーリングワゴンは、優れた走行安定性と動力性能、洗練されたエクステリアが魅力です。
また、ステーションワゴンの中では燃費が良く、静粛性も優れています。

レガシィツーリングワゴンは、2009年5月、フルモデルチェンジがなされました。
全車に横滑り防止装置であるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)とデュアルSRSエアバッグが装備され、さらに主要モデルにはSRSサイド&カーテンエアバッグが標準装備されるなど、安全装備が大幅に強化されました。
また、全車に水平対向2.5Lエンジンが搭載され、排気量も上がりました―2Lエンジンがなくなってしまったことを残念がる人も多いようですけど。
ボディサイズが大きくなり、外観のデザインも大幅に変更され、乗り心地の良さが徹底的に追求されましたが、昔からのレガシィツーリングワゴンのファンの中には、「これまでのモデルの方がよかった」とがっかりする人いるようです。

とにかく走行性能は抜群で、一度、レガシィツーリングワゴンの運転に慣れてしまうと、他の車は運転する気になれないというユーザーもいるくらいです。
レガシィツーリングワゴンの素晴らしさは、悪天候時や高速道路で運転をした時に実感できるはずです。



「レガシィ(Legacy)」
スバルブランドを展開する富士重工業が生産する乗用車である。
同社の看板車種であり、アルシオーネSVXの販売終了以降は富士重工業の旗艦車種である。
スバル・1000からはじまる水平対向エンジン、レオーネで実現されたAWDといったスバル独自の機構に支えられた高い走破性やドライバビリティを備え、ハイパワー4WDステーションワゴンのツーリングワゴン、スポーツセダンのB4、ステーションワゴン型SUVのアウトバック等、いずれのバリエーションも国内外で高い人気を誇っている。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


[ 2009/10/10 17:16 ] 人気車種(国産車) | トラックバック(-) | コメント(-)

フリード

フリード―現在、人気が高まっているホンダ車ですが、ご存知ですか?
フリードは家族向けの大きさがありながら、女性にも運転しやすくなっています。
今回は、フリードの魅力について語ってみようと思います。

フリードはホンダのコンパクトミニバンです。
フリードの後部はスライドドアになっており、人気の理由の一つになっています。
また、コンパクトなサイズですが、低床設計により室内は広々としています。
荷室も広くなっており、自転車やスノーボード、スキー、キャンプ用品などを積むのに十分なスペースになっています。

フリードには、5人乗り、7人乗り、8人乗りのモデルが用意されており、ライフスタイルなど、個人の好みに合わせて選べるようになっています。
女性でも運転しやすいので、毎日の通勤や子どもの送り迎えのための移動手段としても便利ですし、週末に大人数で1台のフリードに乗って、レジャーに出掛けるという使い方もできます。

フリードの1.5Lというエンジンのサイズに不安を抱く人もいるようですが、実際に運転してみると、意外なほどスムーズに走れます。
フリードは、燃費だけでなくハンドリング性能も良好にできており、街中や山道のカーブなどもしっかり曲がれるので、近所のスーパーへの買い物から高速道路を使っての遠出まで、あらゆるシーンで快適に走行できます。

人気の高いフリードですが、弱点も存在します。
まずは価格が少々高めなこと、そして内装が安っぽい感じ(プラスチックのパーツが多いです)に見えてしまうことです。

多少の欠点はありますが、何と言っても乗り降りはしやすいですし室内も広いので、小さな子どもがいる家庭や年配の人を乗せることが多い家庭には、とても重宝する車だと思います。
ちなみに、フリードは2008年下半期のミニバン登録車販売台数で第1位を獲得しています。



「フリード(FREED)」
本田技研工業が製造・発売するミニバン型の小型乗用車である。
モビリオとモビリオスパイクを統合した後継モデルとして「運転しやすいサイズでなおかつ室内空間にもゆとりあるコンパクトミニバン」を求めておりミドルサイズミニバンでは少々大きすぎると考えている顧客をターゲットにして開発された。
2列シート仕様の「FLEX」(5人乗り)と、3列シート仕様(7人乗り: 2列目キャプテンシート、8人乗り: 2列目ベンチシート)がある。
スタイルは、ヨーロッパの路面電車を連想させるユニークなものから一転、同社上級車種のエリシオンに似たフロントデザインや、メルセデス・ベンツ Vクラスを思わせるサイド&リヤデザインなど、機能的かつシンプルなデザインとなった。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


[ 2009/10/17 18:37 ] 人気車種(国産車) | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。